次回は12/6(月)更新! 内容:IHDFについて解説!《臨床効果・補正UFR・問題点・P-IHDF・基本設定》
スポンサーリンク
HDF・IHDF関連

on-lineHDFってなに? 《前希釈と後希釈・臨床効果・デメリット・原理・適応・ドナン効果・なぜ日本は前希釈が主流?》めちゃめちゃわかりやすく説明します

on-lineHDFは現在透析治療において主流になっている治療方法で、どこの施設も導入していると思います。 on-lineについて調べると様々なサイトや病院のホームページが出てきますが、それをギュッと凝縮してみました。
その他

わかりやすい血液透析の原理【 拡散・限外濾過・浸透】

透析を勉強するにあたって、物質移動の原理は基礎中の基礎です。 血液透析の原理、拡散・限外濾過プラスαで浸透の原理も知っておこうということで3つ紹介します。
水処理装置

RO水ってなに?《飲み水とRO水の違い》

RO水とは不純物やイオン成分を全て除去した水のことです。透析治療をするにあたり、絶対に必要な水です。
検査値

クレアチニンってなに?《%CGRも解説!》

クレアチニンとは簡単に言うと「筋肉が運動したときに出るカス」のことです。
ダイアライザー

セルロース系膜の種類と特徴《ATA膜ってなに?》

ダイアライザーの膜の種類は大きく分けると2種類あってセルロース系膜と合成高分子膜です。本記事はセルロース系膜の特徴を紹介します(^^)
ダイアライザー

合成高分子膜の種類と特徴《現場の意見・感想・裏側含む》

ダイアライザーの膜の種類は大きく分けると2種類あり、セルロース系膜と合成高分子膜に分かれます。そして合成高分子膜は6種類に分かれます。それぞれの特徴について、現場の感想も踏まえてまとめました。 【セルロース系膜についてはコチラ!】...
ダイアライザー

ダイアライザってなに?《構造・役割》図で解説!

ダイアライアーとは、血液中の老廃物や余分な水分・電解質を透析液に移すための濾過装置です。腎臓の糸球体と同じ働きをしています。糸球体は血液をろ過して尿を作り、体外に排出し、体内環境を調節する役目があります。また、体に必要な成分は再吸収して血液に取り入れます。この役割をダイアライザーが担っています。
ダイアライザー

ダイアライザの機能分類が2016年から改定されました《新区分と旧区分を比較》

新区分では通常型の4種(Ⅰa型・Ⅰb型・Ⅱa型・Ⅱb型)、および特殊型であるS型に分けられました。Ⅰ型とⅡ型は、「β2-MGのクリアランスが70ml/min」のところが境界線で、a型とb型は「アルブミンふるい係数が0.03」のところが境界線になっています。ふるい係数とは、0~1の値を取って溶液の透過性を表す値です。係数が1に近ければ通りやすく、0は全く通らないという意味です。
タイトルとURLをコピーしました