次回は10/24(日)更新! 内容:透析と心不全《透析患者の死亡原因第1位》

検査値

スポンサーリンク
検査値

hANP・BNPについて解説《hANP:心房 BNP:心室》

透析の検査値で『hANP』と『BNP』があります。 2つともDWを決定するときの指標とされる検査値として用いられます。
検査値

透析とCRP(C-反応性蛋白)《低アルブミン、低Hbとの関係性》

CRP(C-reactive protein)は急性反応性蛋白であり、体内で炎症が起きたり、組織細胞に障害が起こるとこのたんぱく質が増えていきます。
検査値

血糖・グリコアルブミン(GA)について解説!《血糖測定頻度・基礎知識》透析患者は高血糖にも低血糖にもなりやすい

透析患者さんの4割以上が糖尿病性腎症が原疾患で、血糖管理は大事です。血糖管理の重要性や血糖値測定の頻度などをガイドラインに基づき紹介いたします!
スポンサーリンク
検査値

ALP(アルカリフォスファターゼ)について解説《ALPは骨代謝も見る》

ALPは肝臓の検査値の指標として考えられることが多いですが、透析患者にとっては一概にそうではありません。 透析患者では、肝臓ではなく、「骨代謝」として見てください。
検査値

透析と白血球(WBC)《なぜ白血球は透析開始直後に減少するのか?》

白血球は、異物に対する体を防御するシステムとして、補体や抗体とともに重要な役割を果たしています。
検査値

血小板(Plt)を解説!《透析とHITの関係性》

透析患者の血小板異常は、体外循環に伴う血小板減少や、ヘパリン使用による起因性血小板減少症(HIT:heparin induced thrombocytopenia)が考えられます。
検査値

鉄関連について解説《Fe・TIBC・UIBC・TSAT・フェリチン》鉄がわかる!

鉄は、ヘモグロビンを構成する因子の一つです。 血液の中では、トランスフェリンというたんぱく質に結合して運ばれています。
検査値

尿素窒素(BUN)を解説!《BUNが高値になる原因は4つ》

透析の検査値【尿素窒素(BUN)】について、基準値や、高値になる理由を知っておけば、いち早く患者さんの状態に気付くことができます。
検査値

β2-MGを解説《β2-MGと炎症の関係性》

β2-MG(ベータツーミクログロブリン または ベータツーマイクログロブリン)とは、簡単に言うとタンパク質です。
検査値

透析患者の電解質を解説!《Na・Cl・K・Mg・P・Ca》 KはpHの影響を受ける

血中カリウム値は、血液pHに影響されます。アシドーシスになると、水素イオンが細胞内に入る代わりに、カリウムが細胞外に排泄されます。そのためpHが0.1下がると、カリウムは0.6mEq/L上がります。
タイトルとURLをコピーしました