次回は12/6(月)更新! 内容:IHDFについて解説!《臨床効果・補正UFR・問題点・P-IHDF・基本設定》

シャント合併症

スポンサーリンク
シャント合併症

シャント合併症一覧【①狭窄 ②スチール症候群 ③静脈高血圧症 ④瘤 ⑤感染 ⑥過剰血流】

シャントを作成すると、様々な合併症が起こります。 詳しい説明は各リンクをクリックして飛んでください!
シャント合併症

【シャント合併症】シャント感染について解説!《原因・徴候・治療・気を付けること》

透析患者では免疫機能の低下から易感染状態(感染しやすい状態)にあります。
シャント合併症

【シャント合併症】シャント瘤について解説!《真性瘤と仮性瘤の違い》原因・分類

シャント瘤はVAにしばしばみられる合併症です。 瘤はすべて治療対象となるわけではなく、治療対象ではない瘤は経過観察をします。 切迫破裂の危険がある瘤(破裂しかかっている危ない瘤のこと)は、手術適応となります。
シャント合併症

【シャント合併症】静脈高血圧症について解説!《種類・評価・診断・治療》ソアサム症候群も

シャントより中枢側の静脈で狭窄・閉塞が起きると末梢側の血液が滞り、腫脹を生じます。 そのことを「静脈高血圧症」と呼びます。
シャント合併症

【シャント合併症】スチール症候群ってなに?

スチール症候群とは、シャント作成後により発症する末梢循環障害のことで、末梢が虚血状態になります。
シャント合併症

【シャント合併症】過剰血流について解説!なぜダメなの?《定義・症状・治療》

VAは血液透析をするためには必要不可欠ですが、シャントを作成するので非生理的なものになります。 そのため、VAを設置することによって、血行動態や心機能に影響を与えることが明確になっています。
シャント合併症

【シャント合併症】シャント狭窄・動脈表在化の狭窄について解説《原因・狭窄を起こしやすい部位・表在化の狭窄》

透析患者さんのシャント合併症で最も多いのが「狭窄」です。 簡単に言うと血管が「細くなる」ことです。
タイトルとURLをコピーしました