次回は6/17(木)更新! 内容:β2-MGを解説《β2-MGと炎症の関係性》
骨代謝・リン・カルシウム

【透析とカルシウム】低カルシウムになるとなぜ骨粗鬆症を引き起こすのか?《カルシウムの基礎知識・カルシウムとPTHの関係性・異所性石灰化を解説!》

まずは簡単に流れを説明します。腎機能低下→活性型ビタミンDが作られない→血液中のカルシウム値低下→副甲状腺ホルモン(PTH)が分泌される→骨がもろくなる(骨粗鬆症)という流れです。では詳しく解説していきます。
検査値

電解質を解説!《Na・Cl・K・Mg・P・Ca》 KはpHの影響を受ける

血中カリウム値は、血液pHに影響されます。アシドーシスになると、水素イオンが細胞内に入る代わりに、カリウムが細胞外に排泄されます。そのためpHが0.1下がると、カリウムは0.6mEq/L上がります。
検査値

アルブミン(Alb)について解説!

透析患者にとってアルブミン(Alb)は非常に重要な物質、検査データです。
スポンサーリンク
検査値

検査値一覧早見表

基準値は透析患者さんの目標値です。(一般の正常な人のではありません) あと、あくまで "早見表" ですので、かなりざっくりですので、ご了承を。(;^ω^)
骨代謝・リン・カルシウム

【透析記事】二次性副甲状腺機能亢進症を解説!《副甲状腺ホルモン(PTH)・intact-PTH・whole-PTH・リモデリング》

透析と副甲状腺ホルモン(PTH)には密接な関係があり、多くの透析患者さんが二次性副甲状腺機能亢進症です。PTHってなにか、二次性副甲状腺機能亢進症はなにかを解説していきます。
骨代謝・リン・カルシウム

【透析記事】リンの食事療法について解説《無機リンはほぼ100%吸収されます》

リンには「有機リン」と「無機リン」の2種類があります。
骨代謝・リン・カルシウム

【透析記事】P(リン)について解説《高リン血症は血管石灰化を招く》

透析患者の基準値:3.5~6.0mg/dl(3.5~5.0だともっといい) リンは生命維持に欠かせないミネラルの一種です。
検査・健康診断

【健康記事】「受けるべき検査」と「受けるべきではない検査」5選《医師が最も勧めないのはバリウム検査》

毎年実施されている健康診断や人間ドックでは様々な検査が行われますが、その中には不必要な検査が含まれている可能性が大いにあります。
検査値

【透析記事】透析患者はなぜ採血が必要なのか?《各ガイドラインが推奨 検査の測定頻度公開》

透析患者さんは月1回の透析前後採血と、月1回の透析前採血、合計月に2回採血していると思います。 なんで透析するにあたって採血が必要なのか、検査値を勉強する前に抑えておくといいと思います(^^)
検査値

【透析記事】ヘモグロビン(Hb)について《2015年版ガイドライン参照》

透析患者のHb基準値は週初めの採血で10~12(g/dl)です。
タイトルとURLをコピーしました