月と木に更新中。次回のブログ更新は2/6(月)です。内容:【透析】DW(ドライウェイト)の指標《hANP・BNP・NT-proBNP》

HDF・IHDF関連

スポンサーリンク
HDF・IHDF関連

オンラインHDF 前希釈と後希釈の特徴3つ

オンラインHDFには前希釈と後希釈があります。 臨床効果は同じですが、注意すべき点やポイントなど、前希釈と後希釈はそれぞれ特徴があります。 今回は前希釈と後希釈の特徴について解説します。
HDF・IHDF関連

オンラインHDFの臨床効果6つ

オンラインHDFはHDとHFの両方の利点(特性)を合わせ持った治療法です。 小さい分子と大きい分子の除去、両方に優れているといった利点があります。 また、2019年の調査では、HDFは全体の42%施行されていて、ほとんどの施設が標準的に使用しています。 今回は、オンラインHDFモードを実施することによって、どのような効果があるのか解説します。
HDF・IHDF関連

オンラインHDFとオフラインHDFの違い

近年オンラインHDFが主流になっており、オフラインHDFを実施している施設は限られた施設となってきています。 そこでオンラインHDFとオフラインHDFの違いを解説します。
HDF・IHDF関連

オンラインHDFとα1-MG《除去率40%を目指す》

透析患者では「α1-MG」という比較的大きなたんぱく質(分子量:33000)が体の中に溜まってしまいます。 α1-MGは「かゆみ」や「RLS(下肢のむずむず感)」の原因物質であり、積極的に除去したいターゲットの1つです。 α1-MGはオンラインHDFによって除去効率が上がります。
HDF・IHDF関連

【Post オンラインHDF】なぜ後希釈はQBを多く回さないけないの?総濾過量の4倍の血流量が必要

後希釈にはQBの制限(QBを多く回さないといけない)があります。 後希釈とQBの関係はめちゃくちゃ重要で、これを知らないと透析中のトラブルにつながります。
HDF・IHDF関連

【最新情報】オンラインHDFとヘモダイアフィルタの選択《PES膜が優秀!?》

OHDF施行時はヘモダイアフィルタの選択が非常に重要となります。 膜材質は生体適合性と関りがあり、生体適合性と死亡リスクにも関係があります。
HDF・IHDF関連

【わかりやすい】ドナン効果ってなに?オンラインHDFが血圧低下抑制になる理由を解説

オンラインHDFの効果(適応)の一つとして血圧低下抑制があります。 なぜオンラインHDFが血圧低下抑制につながるのか、調べても出てきませんし、出てきたとしても難しい言葉の羅列で理解に苦しむ、、、。といった全国の透析関係者のために日本一わかりやすいドナン効果の仕組みについて解説いたします!
HDF・IHDF関連

オンラインHDFの最新情報5選《治療条件・最適の置換液量・後希釈 など》

OHDF治療患者は増加の一途をたどっています。 日本は海外(主に欧州)と比べてもHDF患者は絶対数・比率ともに上回っています。 日本のHDF治療の生命予後も良く、治療も最前線です。
HDF・IHDF関連

IHDFを解説《基本設定・臨床効果・補正UFRってなに・問題点・P-IHDFってなに?》

透析モードにはHDやHDFなどありますが、IHDFというモードもあります。 間歇的に補液をすることによって、末梢循環の改善や血圧低下を抑制したりする効果があります。 また、昨今の透析に関する保険点数の縮小化で、IHDFを導入する施設も多くなってきているのが現状です。 今回はIHDFってなんなのかを解説します。
HDF・IHDF関連

オンラインHDFってなに? 《前希釈 後希釈・臨床効果・デメリット・原理 適応など》まとめ

on-lineHDFは現在透析治療において主流になっている治療方法で、どこの施設も導入していると思います。 on-lineについて調べると様々なサイトや病院のホームページが出てきますが、それをギュッと凝縮してみました。
タイトルとURLをコピーしました