月と木に更新中。次回のブログ更新は2/6(月)です。内容:【透析】DW(ドライウェイト)の指標《hANP・BNP・NT-proBNP》

配管洗浄

スポンサーリンク
配管洗浄

#13 透析配管 排水基準

透析の配管洗浄では、酢酸や次亜を使用します。 これらはpHが高すぎたり低すぎたりするため、そのまま下水に排水されてしまうと、排水管の劣化等を引き起こします。 今回は透析排水処理について解説します。
配管洗浄

#12 透析配管 各洗浄剤の水洗性《何分で洗い流せる?》

透析配管には主に3種類の洗浄剤が用いられます。 これら洗浄剤は、人の体内に入ることを想定していません。 水で洗いが流さないと透析は行えませんし、水洗不足で薬剤が体内に入ると重篤な健康被害が出てきます。 今回は何分の水洗で洗い流せられるかなど、各洗浄剤の水洗性について解説していきます。
配管洗浄

#11 透析配管洗浄 洗浄方式の違い《シングルパスと滞留方式》

透析の配管洗浄では洗浄方式(いわゆる流し方のこと)にも違いがあります。 シングルパス方式と滞留方式というのがあります。 今回はこの2つの特徴について解説します。
配管洗浄

#10 透析配管洗浄 洗浄剤の組み合わせ《次亜は必須》

透析配管の洗浄では、洗浄剤の組み合わせが重要です。 もし組み合わせが適切ではないと、配管の中が汚染されて、患者の体内に入ってしまうかもしれません。 今回は、どういった組み合わせで洗浄をするのか、ポイントを解説していきます。
配管洗浄

#9 透析配管洗浄 炭酸Caスケール洗浄剤(酢酸)まとめ

炭酸Caスケール洗浄剤はいわゆる酢酸のことです。 透析では炭酸Caが蓄積してしまうので、それを除去するための洗浄剤です。 どういった役割や特徴があるのか解説していきます。
配管洗浄

#8 透析配管洗浄 次亜と過酢酸の違い

透析配管洗浄では次亜や過酢酸が使用されます。 今回は似たような効果を発揮する次亜と過酢酸の違いについて解説していきます。
配管洗浄

#7 透析配管洗浄 過酢酸系洗浄剤まとめ

透析の配管は、菌や有機物などのさまざまな汚れが発生します。 汚れの除去が不完全で、患者の体内に入ると、重篤な症状が出る可能性もあります。 そうならないように配管洗浄が必要です。 今回は、配管洗浄の中で今一番増えている洗浄剤「過酢酸系洗浄剤」について解説します。
配管洗浄

#6 透析配管洗浄の次亜系洗浄剤まとめ

透析の配管は、菌や有機物などのさまざまな汚れが発生します。 汚れの除去が不完全で、患者の体内に入ると、重篤な症状が出る可能性もあります。 そうならないように配管洗浄が必要です。 今回は、配管洗浄の中でも必須な次亜系洗浄剤について解説します。
配管洗浄

#5 透析配管の各洗浄剤まとめ

透析配管の洗浄剤は目的や効果に応じて様々な種類があります。 この記事では透析配管に使用される各洗浄剤の特徴をザックリ解説します。
配管洗浄

#4 透析の洗浄剤に求められる条件《主剤と副剤も解説》

透析の配管洗浄に用いられる洗浄剤には、どういったことが求められるのか解説していきます。 また透析剤には主剤と副剤があり、どれが主剤なのか、副剤なのか皆さんの施設でも確認してみてください。
配管洗浄

#3 透析配管の洗浄剤に求められる効果3つ《除菌・洗浄・炭酸Ca除去》

透析配管には有機物や菌の塊(バイオフィルム)や、炭酸Caなどの汚れが付着してしまいます。 こういった汚れを除去するために、洗浄剤にはどういった効果が求められるか解説します。 透析分野の洗浄でめちゃくちゃ大事なところです。
配管洗浄

#2 透析配管汚れ 原因3つ

透析配管の水環境では汚れが発生します。 もし透析配管が汚れていて、患者さんの体内に入ってしまうと、敗血症などの重篤な症状が出てくるかもしれません。 今回は透析配管ではどのような汚れがあるのか解説します。
配管洗浄

#1 透析配管洗浄はなぜ必要?《透析液清浄化・ET・生菌》

透析では配管洗浄が必要となります。 この「配管」というの、はRO水が生成されてセントラルへ運ばれるまでの配管、A溶解・B溶解や、そこからコンソールに運ばれ、コンソール内の配管まですべてのことを指します。 透析治療においてこの配管洗浄は非常に重要なところです。 ではなぜ配管の洗浄が必須なのか解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました