月と木に更新中。次回のブログ更新は5/29(月)です。内容:【シャント合併症】シャント閉塞《分類・側副血行路・徴候・対応 など》

ニプロPESシリーズの性能表

スポンサーリンク
ダイアライザ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

ニプロ株式会社が販売しているPESシリーズは10種類あります。

私自身、PES膜は非常に使いやすく、幅広い患者で適応があるなと感じます。

どの膜がどういった性能のなのかを解説していきます。

  • 「PESシリーズの性能表」を透析学習塾で動画で学習することができますよ
3分の動画で解説

【ニプロFBシリーズの性能表はコチラ!】

どの患者にどのダイアライザを使用していいかわからないときに、参考にしてください(^^)

PESシリーズ性能表

ニプロPESシリーズ ダイアライザの性能表は以下のような感じです。

測定条件=QB:200mL/min、QD:500mL/min、QF:10mL/min

幅広く分布しているので、選択しやすいダイアライザですね。

「PES-KGα eco」は性能表に載っていなかったので、どこに分布するかわかりませんでした。

なので下記を参考にしてください。
PES-KGα ecoの特徴

ニプロ株式会社HPより画像引用
  • 2018年販売
  • Ⅰa型
  • β2-MG領域の高い除去特性と、アルブミン漏出量を抑えたダイアライザ
  • 高い小分子除去性性

【関連記事】

【ダイアライザの使い分けはこの記事!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました