毎週月曜更新!次回のブログ更新は4/15(月)内容:【ダイアライザ】PS膜 ~東レ~

【ダイアライザ】ATA膜を深堀り!

スポンサーリンク
ダイアライザ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

透析膜は「合成高分子膜」と「セルロース系膜」の2種類に分かれて、ATA膜はセルロース系膜に分類されます。

今回はATA膜を深堀りしていきます!

  • 「ATA膜」はコチラの動画で分かりやすく解説しています
スライド誰でも保存できます

ATA膜の特徴

  • CTA膜を改良したもの
  • 抗血栓性に優れる
  • 膜へのタンパク吸着(ファウリング)の抑制
  • PVP・BPAフリー

2014年にヘモダイアフィルタであるFIX(ファインフラックス)が販売されました。

FIXは以下の種類があります。

  • FIX-E eco
  • FIX-S eco
  • FIX-U eco

その後2018年にダイアライザである「FA-F eco(Ⅱa型)」が販売されました。

まだ販売してから10年しか経ってなく、比較的新しい膜です。

断面構造

CTA膜とATA膜では膜の断面構造が違います。

【CTA膜】
支持層のみでできている均質膜構造
・膜断面に凹凸がある
・膜厚:15μm

【ATA膜】
緻密層支持層でできている非対称膜構造
・膜断面がCTA膜よりも格段に少ない
・膜厚:25μm

ATA膜は新たな紡糸技術によって、従来のCTA膜よりも膜表面の凹凸が無くなった

なので、膜表面への蛋白付着量を小さくすることができます。

FIXとオンラインHDF

前希釈血液透析濾過(36L/4hr)実施時の性能イメージマップ

FIXはオンラインHDFで今最も注目されている膜です

なぜ注目されてるいるのか?以下の理由があります。

  • 生体適合性が比較的良い
  • アルブミン漏出量が少ない
  • α1-MGが良く抜ける

特に後希釈HDFにはもってこいです。

FIXと後希釈の詳しい解説はコチラです

抗血栓性

ヒト血液を使用したin vitro実験では、ATA膜では長時間循環させてもTATが大きく上昇しないことが報告されています

TAT:トロンビン・アンチトロンビンⅢ複合体

なので、抗血栓性に優れているわけですね。

TATの上昇は「血液凝固の連鎖反応の亢進によるトロンビンの増加」「血栓形成の促進」

これらを引き起こしてしまいます。

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました