毎週月曜更新!次回のブログ更新は4/15(月)内容:【ダイアライザ】PS膜 ~東レ~

【透析】各検査値の測定頻度一覧《採血の必要性》

スポンサーリンク
検査値
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

透析患者さんは月1回の透析前後採血と、月1回の透析前採血、合計月に2回採血していると思います。

(施設により回数は異なりますが)

なぜ透析するにあたって採血が必要なのか、また各検査値の測定頻度をガイドラインと共に記載しています。

各検査値ガイドライン

各検査値におけるガイドラインと測定頻度

あくまで「推奨」です。

必要性があれば3ヵ月に1回を、2ヶ月に1回とかに調整します。

なぜ採血が必要なの?

血液検査からは以下のようなことがわかります。

  • 透析がうまくいっているかを知れる(透析効率)
  • 水分塩分のコントロールができているかを知れる
  • 電解質のコントロールができているかを知れる
  • 健康(栄養や筋肉)状態を知れる
  • 合併症があるかどうかを知れる

以上のようなことを知ることができます。

透析患者さんは乏尿・無尿のため腎臓から排出される老廃物が体内に蓄積します。

検査値から異常をいち早く発見することができ、早期発見」「早期治療に役立ちます。

透析患者さんの体は特殊

前述したように透析患者さんは、腎臓から排出される老廃物は体内に蓄積します。

週3回の透析により、老廃物が除去されるので血中濃度は大きく変化します。

検査値を評価する場合はどのタイミングで採血したかが重要です。

前後採血は中2日(月曜か火曜)で採血します。

ちなみに、欧米は中1日(水曜か木曜)に採血するみたいです。

なので欧米ガイドラインの基準値を当てはめる場合は、採血のタイミングが違うことに注意しましょう!

【関連記事はコチラ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました