次回は10/24(日)更新! 内容:透析と心不全《透析患者の死亡原因第1位》

治療

スポンサーリンク
治療

β2-MG吸着療法(リクセル)について解説《原理・吸着量・保険適応》

β2-MGを除去する手段は、ハイパフォーマンス膜を用いた透析療法以外にも「β2-MG吸着カラム」を用いた吸着療法があります。
治療

Kt/Vってなに?「Kt/Vsp」と「Kt/Ve」の違い

Kt/Vとは、「体液全体がどのくらい透析されたかを表す指標」のことで、「透析効率」のことです。 日本透析医学会のガイドラインでは、透析効率の指標として「Kt/V」を推奨しています。
治療

長時間透析のメリット《5時間以上が最も死亡リスクが低い》

透析の世界的な研究(DOPPS)によると、11の国と地域で標準的に行われている、週3回の血液透析(在宅透析は除く)の1回当たりの治療時間は、平均的に4時間です。
治療

Kt/V(透析効率)を増やすための方法4つ

①血流量(QB)の増加 ②透析時間の延長 ③透析液流量(QD)の増加 ④ダイアライザ膜面積の増大
治療

効率用語「TAC」「クリアスペース」「クリアスペース率」ってなに?

TACとは「週初めの透析後BUN」と「次回透析前BUN」の平均が「1週間の平均のBUN」になるという考え方です。
治療

on-lineHDFってなに? 《前希釈と後希釈・臨床効果・デメリット・原理・適応・ドナン効果・なぜ日本は前希釈が主流?》めちゃめちゃわかりやすく説明します

on-lineHDFは現在透析治療において主流になっている治療方法で、どこの施設も導入していると思います。 on-lineについて調べると様々なサイトや病院のホームページが出てきますが、それをギュッと凝縮してみました。
治療

わかりやすい血液透析の原理【 拡散・限外濾過・浸透】

透析を勉強するにあたって、物質移動の原理は基礎中の基礎です。 血液透析の原理、拡散・限外濾過プラスαで浸透の原理も知っておこうということで3つ紹介します。
タイトルとURLをコピーしました